マンガでわかるセキュリティ

難しいセキュリティ対策について、身近な事例を用いて8コマ漫画でわかりやすく解説します。他人のスマホののぞき込んだら犯罪?誘導されるままに運転したら事故を起こしたら誰の責任?などなど、みなさんも一緒に考えてみませんか?

守りを固めれば攻撃が弱くなる

セキュリティ対策って、いわば企業にとっては「守り」です。「攻撃は最大の防御なり」という言葉がセキュリティ対策に通じないことはわかっていますが、守ってばかりいては、何もできないですよね。 特に、お客様情報がなければ、ビジネスが成り立ちません。

そんな話について述べます。

守りを固めれば攻撃が弱くなる1
守りを固めれば攻撃が弱くなる2
守りを固めれば攻撃が弱くなる3
この漫画にあるように、ときには守りに専念する必要があります。でも、守ってばかりいては点数が入りません。これが、セキュリティの難しさです。セキュリティ対策は、売り上げが増えるどころか、逆に減るようなことにもなりかねません。マンガのように、守備を重視すると、ときに攻撃が弱くなるのです。
 セキュリティを強化すると、たとえば提案書や設計書などのファイルを外部に出力することができません。お客様や協力ベンダとのファイルのやり取りが難しくなります。パソコンを持ち出してデモしたり提案することも規制されます。セキュリティ対策をするということは、これらの制約はやむを得ないことです。現場から嫌がられることですから、セキュリティ対策への反発も強いことでしょう。