マンガでわかるセキュリティ

難しいセキュリティ対策について、身近な事例を用いて8コマ漫画でわかりやすく解説します。他人のスマホののぞき込んだら犯罪?誘導されるままに運転したら事故を起こしたら誰の責任?などなど、みなさんも一緒に考えてみませんか?

うちの会社には取られる情報がないから、セキュリティ対策は不要って本当?

「うちの会社には取られる情報が無い」という理由で、セキュリティ対策は不要と考える方がいらっしゃるようです。
仮に、個人情報や企業秘密などの取られる情報が全くなかったとしたら、本当にセキュリティ対策は不要なのでしょうか。
そんなことはありませんよ。マンガでは、なぜセキュリティ対策が必要なのか、具体的な事例で解説します。
うちの会社には取られる情報がないから、セキュリティ対策は不要って本当?:マンガでわかるセキュリティ1  うちの会社には取られる情報がないから、セキュリティ対策は不要って本当?:マンガでわかるセキュリティ2
うちの会社には取られる情報がないから、セキュリティ対策は不要って本当?:マンガでわかるセキュリティ3
遠隔操作事件に関しては、テレビのニュースで耳にした人もいたと思います。
この事件は、真犯人が,善意の人のパソコンにマルウェアを仕込んだ上で遠隔操作し,掲示板などに殺人予告や爆破予告をしました。
なかには、爆破予告された飛行機が引き返す事態にまでなり,大きな問題になりました。このように、あなたのパソコンがウイルス感染をすることにより、誰から不正に操作される可能性があります。
遠隔操作をされると、掲示板への悪意のある書き込みをしたり、大規模なDDoS攻撃という犯罪に加担してしまったりする可能性もあります。
被害を受けた側から、損害賠償を請求される可能性もあります。

さらに、遠隔操作事件での被害者のように、警察に呼ばれて拘留され、場合によってはやってもないことを「やりました」と自供しているかもしれません。
そして、冤罪のまま刑務所に入ってしまう可能性だってあるのです。これは本当に怖いことです。
だからというわけではありませんが、セキュリティ対策は必要ですよね!