マンガでわかるセキュリティ

難しいセキュリティ対策について、身近な事例を用いて8コマ漫画でわかりやすく解説します。他人のスマホののぞき込んだら犯罪?誘導されるままに運転したら事故を起こしたら誰の責任?などなど、みなさんも一緒に考えてみませんか?

そもそも「セキュリティ」って何?

いまやセキュリティという言葉はニュースや新聞、日常会話でも使われる言葉です。厳密に言うと、ここでお話ししている内容は、「セキュリティ」の一部である「情報セキュリティ」です。セキュリティの言葉について、改めて解説します。マンガでわかるセキュリティ12:セキュリティって何?-1

マンガでわかるセキュリティ12:セキュリティって何?-2
マンガでわかるセキュリティ12:セキュリティって何?-3
セキュリティとは、マンガでも説明しましたように、金品を盗まれたり、危害を加えられたりしないような防犯と考えてください。また、本書が説明をする「情報セキュリティ」は、情報(データ)に関するセキュリティのことです。総務省のサイトには、「情報セキュリティ対策」について、以下の説明があります。
----------------------------
私たちがインターネットやコンピュータを安心して使い続けられるように、大切な情報が外部に漏れたり、ウイルスに感染してデータが壊されたり、普段使っているサービスが急に使えなくなったりしないように、必要な対策をすること。それが情報セキュリティ対策です。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/intro/security/index.html
----------------------------
 では、「必要な対策」とは具体的にどんなことでしょうか。一般的には、「機密性」「完全性」「可用性」の3つを守ることと言われています。