マンガでわかるセキュリティ

難しいセキュリティ対策について、身近な事例を用いて8コマ漫画でわかりやすく解説します。他人のスマホののぞき込んだら犯罪?誘導されるままに運転したら事故を起こしたら誰の責任?などなど、みなさんも一緒に考えてみませんか?

おつりが多いのに気がついて黙っていたら、捕まる?

つけ麺っておいしいですよね。
冷たい麺をアツアツのスープにつけるなら、最初から温めておけば、と思うのですが、どうやら違うようです。
話がそれましたが、普通のつけ麺(700円)を注文したところ、特製つけ麺(900円)が運ばれてきました。
これを食べたら、支払いはどうなるのでしょうか。700円?それとも900円?マンガでわかるセキュリティ10:おつりが多いのに気がついて黙って-1

 

 マンガでわかるセキュリティ10:おつりが多いのに気がついて黙って-2
マンガでわかるセキュリティ10:おつりが多いのに気がついて黙って-3


監視カメラは、カメラによって行動の記録を残すものです。セキュリティ対策としては、記録を残すことは、とても大事です。記録を残す方法は、監視カメラだけではありません。システムでいうと、ログが同じ役割をします。

たとえば、入退室記録であれば、ICカードリーダにて読み取った情報を記録します。誰が、いつ入退室したかの記録が残っていれば、不正な情報持ち出しが起こった場合に、犯人を特定しやすくなります。また、監視カメラもそうですが、ログを取得していることで、犯罪への抑止効果もあります。

ログに関しては、ファイアウォールやプロキシサーバでの通信ログであったり、パソコンでの操作ログもきちんと取得するべきです。なおかつ、そのログを定期的に確認し、不正が行われていないかを調べましょう。