マンガでわかるセキュリティ

難しいセキュリティ対策について、身近な事例を用いて8コマ漫画でわかりやすく解説します。他人のスマホののぞき込んだら犯罪?誘導されるままに運転したら事故を起こしたら誰の責任?などなど、みなさんも一緒に考えてみませんか?

玄関の2つの鍵は、同じ鍵で開くけど意味はある?

以前住んでいたマンションですが、玄関のドアの鍵が2か所ありました。
でも、どちらも同じ鍵で開きます。

さて、この鍵、果たして意味があるのでしょうか・・・マンガで分かるセキュリティ3 玄関の2つの鍵は、同じ鍵で開くけど意味はある? マンガで分かるセキュリティ3 玄関の2つの鍵は、同じ鍵で開くけど意味はある?-2
マンガで分かるセキュリティ3 玄関の2つの鍵は、同じ鍵で開くけど意味はある?-3
物理セキュリティの基本は、第三者が入室したりアクセスできないように施錠をすることです。ICカードや生体認証などを使った入退室管理がその代表です。
 顧客情報が入った書類であれば、こまめに鍵付きの書庫にしまいたいものです。日中帯は他の社員の監視の目があるので、不審者がその情報を盗む可能性は低いものです。ですが、大事な顧客情報であれば、ちょっとの事故でも大きな問題になります。面倒でも、安全を優先した業務が求められます。
 また、帰宅時は、パソコンを書庫や机の脇卓に入れて施錠をしましょう。セキュリティワイヤーでPCをつないでいるから大丈夫という考えは危険です。なぜなら、セキュリティワイヤーなんて、専用の工具を使えば簡単に切ることができるからです。
 ただ、すでに述べたかと思いますが、対策は、運用できてこそ意味があります。イラストにあるように、鍵をかけるのがあまりに手間では、鍵をかけなくなってしまいま。私は、家の鍵が同じ鍵で2つ開くというのは、いい方法だと思います。ちょっとしたことですが、防犯効果は高くなります。また、鍵は一つですから、2つ持つという手間もありません。
 企業では、社員証(職員証)と入退室管理のICカードを共存させていることがよくあります。複数の役割を持っていれば、カードの重要性を高めることになり、ICカードの貸し借りを減らす効果もあります。結果としてセキュリティ向上にもつながります。また、そもそもカードを複数持つ手間がなくなりますので、利用者の利便性が高い方法であると考えられます。