マンガでわかるセキュリティ

難しいセキュリティ対策について、身近な事例を用いて8コマ漫画でわかりやすく解説します。他人のスマホののぞき込んだら犯罪?誘導されるままに運転したら事故を起こしたら誰の責任?などなど、みなさんも一緒に考えてみませんか?

ウイルス対策におけるゲートウェイ型とエンドポイント型

ウイルス対策にはゲートウェイ型とエンドポイント型があります。
両者はどう違うのでしょうか。また、どちらが有効なのでしょうか。

f:id:mamori_yuto:20181028045029p:plain

f:id:mamori_yuto:20181028045040p:plain

f:id:mamori_yuto:20181028045048p:plain

f:id:mamori_yuto:20181028045056p:plain

また、エンドポイントで検知すると、システム管理者は、その利用者からの申告がないとウイルス侵入に気が付きません。でも、ゲートウェイ型であれば、検知したことを管理者がすぐに気づくことができます。

予算が許すのであれば、ゲートウェイ型とエンドポイント型の両方をウイルス対策を導入しましょう。